切れ痔治療本舗 > スポンサー広告 > 薬の使い分けで治す痔の症状

切れ痔治療本舗 > 治療と効果 > 薬の使い分けで治す痔の症状

痔の痛みって辛い!何とかして簡単に治療できる方法はないのだろうか!?

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療と効果

薬の使い分けで治す痔の症状

切れ(キレ)痔の治療法痔になった場合、いち早く治療する方法として、まず薬を処方するのが一般的です。 一番よく用いられるの薬が、座薬タイプのものです。挿入しやすいように紡錘形をした柔らかい固形の薬で、肛門内に入れると溶けて、痛み止めや止血の作用があります。 切れ痔やいぼ痔に良く用いられています。 溶けた成分が肛門の粘膜や上皮の表面をカバーして、便が通過するときの刺激から肛門を守るとともに、患部に直接作用するので効果が速くあらわれます。 次によく用いられるのが、軟膏やクリームといった塗り薬タイプです。 肛門の周囲に塗るタイプと、チューブの先端を肛門にさして薬を注入するタイプがあります。 効能は、痛み止めと止血作用で、座薬と同じように、排便時に通過する便が肛門の粘膜を刺激しないようにガードし、肛門の負担を減らす働きがあります。 切れ(キレ)痔の治療法 肛門の出口付近にできて、座薬を使えない切れ痔やいぼ痔に使われます。 痔の外用薬の種類は、含まれる成分によって、ステロイド系と非ステロイド系のものと大きく2つに分けられます。 これらの成分が含まれた薬を、痔の種類と症状、できた場所に合わせて使い分けます。 また、同じ薬で軟膏と座薬という剤型の違いがある場合は、痔の種類や部位によって使い方が異なるだけで、成分と効果は同じです。 その他のものとして、飲み薬で使われる内服薬があります。 病院で痔の治療に用いる内服薬には、便秘のときに便を柔らかくする下剤や、炎症を抑える消炎薬、抗生物質などがあります。

<<痔をセルフケアで完全完治!切れ痔治療本舗痔は5つの原因からきている>>

<<痔をセルフケアで完全完治!切れ痔治療本舗痔は5つの原因からきている>>

<PR> いぼ痔治療ナビ - 切れ痔治療WEB - 便秘改善関連


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。